アドセンス申請

岡山県を襲った豪雨災害を経験して思うこと。

2018年7月。

私の住んでいる岡山県に大雨特別警報が発令されました。

 

大雨特別警報という言葉は知っていましたが

実際にこの大雨特別警報が出たのは初めての経験でした。

 

今まで大きな災害を経験したことがなかったので

その大雨特別警報や避難勧告、避難指示という言葉の重要性も

恥ずかしながらあまり理解していませんでした。

 

子供がいる親は子供と一緒に避難しなくてはいけません。

 

すみやかに避難できるよう、避難について今一度考えなくてはいけないと

豪雨災害を経験して身をもって感じました。

 

避難指示、避難勧告がいったいどういうものなのか

詳しく知らないという人も多いと思います。

 

また、子供と一緒に安全に避難するためのポイントもお話したい思います。

 

避難勧告と避難指示ってどっちが強制力が高い?

お恥ずかしながら、避難指示も避難勧告も

同じくらいの強制力なのだと私自身思っていました。

 

今まで災害を経験したことってなかったし

まさか自分の住んでいる地域でそんな災害が起こるとも思っていまかったので

気にもしていなかったというのが正直な話です。

 

今回災害を経験し、改めて避難指示、避難勧告について

重要性を感じたので違いをみなさんにもぜひきちんと理解しておいて欲しいと思います!

 

避難勧告って?

避難勧告は住民に避難を促しているということです。

この避難勧告ですが強制力はそれほどないので

避難するかしないかは住民の判断次第なんですね。

 

避難指示とは?

避難指示は避難勧告より強制力が強いです。

災害の被害状況がかなり悪い、これから悪くなることを想定し

出されるものになります。

 

避難勧告<避難指示というように

避難指示のほうがより危険な状態のときに出されるということを

しっかり覚えておいてください。

 

 

避難勧告や避難指示が出た時にとるべき行動

今まで大きな災害は世の中でたくさん起きていました。

しかし、心の中では恐ろしい、怖いと思っていても

自分が実際に経験したことではないので

災害への備えの甘さを実際に災害を経験して感じました。

 

いくら避難勧告が出ようと、避難指示だ出せれようと

心の中では「まあ、大丈夫でしょう」という気持ちがあったのが事実です。

 

実際に私の家には大きな被害はなくすみましたが

避難指示が出ている中避難もせずに家にいたというのが本当の話です。

 

おまけに私の地域の避難場所がどこなのかすら知りませんでした。

 

今回は何もなくてすみましたが、被害のあった地域が

本当に近くだったので被害状況を知り

避難という選択肢を選ばなかったことを後悔しました。

 

子供がいるから大雨の中避難なんてできないし

家にいたほうが安全と思っていましたが、そうではありません。

 

だんだんと浸水して行く家の中に安全な場所なんてないからです。

 

子供がいるならなおさら、避難指示が出たら一刻も早く

安全な避難場所に避難すべきです。

 

そして、災害経験のない私の家には

もちろん非常持ち出し袋なんて準備していませんでした。

 

そして、避難勧告が出ている中慌てて非常用のものを買いに出る

こんな危険なことをまでする羽目になってしまいました。

 

今回災害を経験してこうすればよかったと思うことをまとめておきます。

  1. 自分の避難場所の確認
  2. 避難勧告が出たら避難場所へ避難する
  3. 常に非常持ち出し袋を常備しておく

災害が起きた時にはこのようなこと行動をとるべきです。

 

しかし、被害が出てから避難を始めるのは危険になるので

家の二階に避難し、消防や市の危機管理対策本部に一報入れ

救助が来るのを待つようにしたほうがいいでしょう。

 

そのようなことになる前に、前もって避難を始めましょう。

 

きっと私は大丈夫はない

今回生まれて初めて危険な災害を身をもって体験しました。

近くの川が氾濫するんじゃないか、いつ家が浸水するのだろうか…

そんな不安な日を数日過ごしました。

 

今までそんな経験がなかったので、きっと今回も大丈夫という

気持ちは捨て去るべきたと感じました。

 

いつ何が起きるかは本当にわかりません。

 

家族の命を守るためにも、災害への備えは常にしておきましょう。

 

ABOUT ME
うき
はじめまして、うきです!キラキラした生活に憧れつつも気がつけばただただ生活に追われ映えない生活を送っている主婦です。楽に楽しく生活する情報が大好きです♪「楽に」をメイン家族が楽しく生活するため「知恵」をみなさまにお届けします!