アドセンス申請

新生児の育児中に自分の寝るタイミング

赤ちゃんが生まれてすぐからママは赤ちゃんのお世話に追われます。

私も赤ちゃんが生まれてからすぐに赤ちゃんのお世話が始まりましたが

赤ちゃんのお世話をしながら思ったことがあります。

 

「私はいつ寝たらいいの?」

 

赤ちゃんのお世話をしながらいつのタイミングで自分が寝たらいいのか

私はよくわからなくなってしまいました。

 

子供が新生児の間のママの睡眠について私が経験したことをお伝えしますね。

 

自分の寝るタイミングがわからない

子供が新生児の間、いろんな悩みはありましたが

自分の睡眠時間についてはその中でも深刻な悩みでした。

 

里帰りをしていたので、家事全般は母に任せるにしても

赤ちゃんのお世話は体力勝負です。

睡眠が足りていないと赤ちゃんのお世話もまともにできなくなってしまいますよね。

 

生まれてすぐの赤ちゃんって本当に1回の睡眠時間が短いのです。

 

寝た!と思ってもすぐに起きて「おぎゃ〜!」と泣いて起きてしまうこともあります。

そうするとまた赤ちゃんの寝かしつけをしなくてはいけません。

 

赤ちゃんが寝ている間にどうにか自分も睡眠を取ろうとしますが

お世話で1度目が覚めてしまうとママはすぐに寝付けないとこもありますよね。

 

やっとウトウトしてもうすぐ眠れるといったタイミングで

「おぎゃ〜!」と赤ちゃんが起きてしまって結局寝れなかった

というようなこともよくあることです。

 

入院中は日中にはお見舞い客が多く常に誰かしらお見舞いに来てくれていて

なかなか寝れないという状態が続きました。

 

退院してからも細切れ睡眠が続き自分はいつ寝てるのか?

自分でも疑問に思うほど寝てないような気がしていました。

 

寝れることなら寝るにこしたことはありませんが

実はママの体はこの時期あまり寝なくても大丈夫なようになっているのです。

 

私自身もずっと細切れ睡眠でまともに寝ていなかったのですが

新生児期の間、睡眠不足が続いても案外平気でした。

 

寝ていても赤ちゃんの泣き声でパチッと目が覚めましたし

短時間で熟睡できたと気がするようなときもよくありました。

 

寝れていないと思うとストレスを感じてしまうこともあるので

寝れる時に少しでもいいから寝るようにすると乗り越えることができるものでした。

 

寝れないときどうしたの?

初めの頃は寝るタイミングがよくわからずあまり寝ていないけれど

なんとかやっていけていました。

 

寝れない寝れない…と思うと自分が辛くなってストレスを感じるので

寝れないと思うことをやめてできるだけプラスに考えるようにしていました。

 

「寝れなくても横になっていたら体力は回復する」

「横になれるだけでも幸せ」

 

こんな風に考え方を少し変えてみるだけでも楽になりました。

 

夜も1度授乳で目が覚めると寝れなかったのですが

夜の寝れない時間を有効に活用しようと思い

朝活ならぬ夜活をしていました。

 

夜中赤ちゃんが寝ているうちに、夫のお弁当(軽食)づくりをしました。

お弁当といっても手の込んだものはできなかったので

おにぎりとかホットドッグとか簡単にできるものを作ったりしました。

 

そのほかにも母乳育児にいいと言われているお茶を

飲んで一息ついてみたり

育児の記録をつけてみたり自分の時間を楽しむようにしていました。

 

このように赤ちゃんが起きていたらできない

自分だけの時間を持つことがとても楽しかったです。

 

私はこの夜中の一時が大好きでした。

 

そんな風に無理に寝ようとしないほうが自分は楽でした。

そうしているうちに赤ちゃんと同じようなタイミングで

自分もだんだん仮眠できるようになっていき

赤ちゃんを寝かしつけながらちょっと仮眠というように

上手に睡眠をとれるようになっていきました。

 

さいごに…

赤ちゃんが生まれるとママの生活は一変します!

まとまって睡眠がとれていたものが急にまとめて睡眠がとれなくなります。

 

ママもそのような生活リズムになれるまでに時間がかかる人もいるでしょう。

私もそうでしたから。

 

でも、育児ってどれだけ楽な気持ちでできるかって重要です。

 

なので、自分の気持ちが楽になるように

考えを少し変えてみるといいかもしれませんよ♪

 

周りの人にもいろいろ助けてもらいながら

新生児期の寝れない期間を乗り越えましょう!

 

ABOUT ME
うき
はじめまして、うきです!キラキラした生活に憧れつつも気がつけばただただ生活に追われ映えない生活を送っている主婦です。楽に楽しく生活する情報が大好きです♪「楽に」をメイン家族が楽しく生活するため「知恵」をみなさまにお届けします!