ちえのプロフィール

こんにちは。私は最近まで夫が育児に非協力的だったためワンオペで育児をしながら保育士として働いていました。そんな私の生活にある変化がありました。ワーママというのは変わりないのですが、ワンオペ育児から脱出することに成功しました。今では家族3人で以前より仲良く協力しながら育児することができるようになってきてますます育児が楽しくなってきています。

ちえ
ちえ
ワンオペ育児から脱出した私は「ちえ」(@mamanote909)と申します。そんな私が運営するブログ「きらきらいふ」に足を運んでくださってありがとうございます。

まずはじめに、このブログを運営している「ちえ」ってどんな人なのか知ってもらいたいので簡単に自己紹介をしていきます。

名前 ちえ
性別
年齢 31歳
職業 保育士
住んでいる地域 岡山県北部(ど田舎)
家族構成
パパ(31歳)
ママ(私)
息子(2歳)

ちえの生い立ち

1988年のある日。「オギャ〜!」と元気な産声をあげてこの世に誕生しました。とても大きなビッグベビーでしたが生まれてからは比較的小さく育ち高校卒業まで背の順は前の方を独占しながらすくすく成長しました。

高校2年のある日のこと。薄々…ではなくものすごく感じてはいましたが両親が離婚することになり大学への進学を目標に進学校に通っていた私は進学にかかるお金などを考え私立4年制大学への進学を諦め手に職をつけるべく短期大学で保育士の資格をとることにしました。

私には妹もいたので母親の負担も考え奨学金を借りて短大へ通うことにしました。無利息の奨学金では生活費まで賄うことができなかったので利息のかかる奨学金を借りて短大進学の費用にすることにしました。

 

ちえ
ちえ
現在も絶賛奨学金返済中です。

奨学金を借りて短大も無事に卒業し、晴れて保育士となり0歳〜5歳までのクラス担任も経験し日々活躍していました。

そして幼なじみである彼と中学3年生からお付き合いをスタートし、私の短大進学期間は遠距離恋愛も無事にクリアし2013年5月に入籍し夫婦となり仕事も恋愛も順調に進み順風満帆な生活を送っていました。

結婚してからの3年間私たち夫婦には子どもを授かることはなく、不安を感じた私は婦人科を受診しましたがそこから半年間全く妊娠の気配もなかったため思い切って不妊治療をすることにしました。私たちが通ったのは岡山県でも有名な不妊治療専門のクリニックです。そこで不妊の原因を洗い出すスクリーニング検査の結果どちらにも不妊の原因があることが判明しました。不妊治療と仕事の両立は難しいと感じ一旦仕事に区切りをつけ退職不妊治療に専念することにしました。

タイミング法2回、人工授精1回、体外受精1回経験し体外受精でやっと陽性の判定をいただくことができました。不妊治療をはじめて妊娠までには約1年間かかりましたがこの間にざっと計算しても100万以上かかっています。

陽性判定からすぐのことです9週で出血が始まり12週で切迫流産で入院することになりました。そこからも妊娠糖尿病の疑いや逆子など出産までの間いろいろありましたが無事に2017年9月待望の第1子となる男の子を出産しました。

ちえ
ちえ
そんな息子も今ではもう2歳。すくすく成長しているよ。

子育ては幸せ…でも大変

保育士をしているから子育ては楽勝と思われがちですが、正直なところ1歳児6人を一人で見ているよりも1歳児の我が子1人と生活する方が大変です。

子育てをしながらいかに楽に家事をこなすかということをよく考えながら子育てをするようになりました。

そのために抱っこ紐も数種類購入し使ってみたり、授乳や離乳食、日々の食事に使える便利グッズを集めてみたり、子どもが楽しく遊べるおもちゃをたくさん購入しては一緒に遊んでみたり、子育てを楽にできる便利なアイテムを100均で探してみたりしながら過ごしています。

そんな中「こどもちゃれんじ」はやってみて本当によかったもののひとつです。気が付けばこどもちゃれんじの虜になり2019年11月からは「こどもちゃれんじイングリッシュ」まではじめてしまいました。

ちえ
ちえ
こんな感じで大変だけど息子と楽しく過ごしているよ。

夫改革も我が家では大きな課題

出産を機に夫の収入のみで生活することになってしまったので、私の実家で暮らすことになりました。実家には大人も手も十分にあったので夫が育児に手を出さなくても誰かが手を出すという環境や私の母や祖父母への遠慮もあり自室にこもりがち息子への興味関心は全くなしになってしまった夫は育児にあまり参加しようとしなくなってしまいました。

実母からは「別れてしまったほうがいい」と何度も言われたりしましたが、原因は同居にあるのではないかと思いました。思い切って賃貸へ出ることを考え勝手に部屋探しをしね意見予約をして夫を連れて行きました。

賃貸に出てからというもの夫の表情も子どもとも関わりも変わってきて、息子と二人で遊ぶようになったりお風呂にも入れてくれるようになったり寝る前には絵本の読み聞かせをしてくれるようになったりと大きな変化がありました。

一人で悩みながら育児をしていましたが、思い切って環境を変えてみたことで我が家は好転しました。

ご近所トラブルも経験

テレビのニュースでもおなじみの「暴言おばさん」が実は私の実家の近所にもいました。コロコロとターゲットを変えては暴言を言ってまわるタイプのおばさんだったのですが、ある時ターゲットが私になってしまった時期がありました。

私が外出していることに気がつくと道の前で私たちが帰宅するのを道に出て仁王立ちになって待ち構え、帰宅時に襲いかかってくるということが毎週末起こりました。

息子を連れていてもおかまいなしに暴言を吐きにやってくるので恐怖でした。それからしばらくして息子が円形脱毛症を発症してしまったり…母子共に極度のストレスを抱えてしまいました。

弁護士の無料相談などを使って、対処法を教えてもらい防犯カメラを見えるところに設置することにより暴言を言ってくる回数は次第に減っていきました。

ブログをはじめたきっかけとブログで伝えたいこと

ブロブを始めたきっかけは生きていると本当にいろんなことが起こります。いろいろな経験をします。その経験が自分の経験値となり成長していけるのですが、自分がどん底の時(私は今まで話したこと)や悩んでいる時って何か参考になることをネット上で探してしまいますよね。私も悩んでいるときネットで検索ばかりしていました。そのネット検索で解決の糸口を見つけることができたという経験を自分自身たくさんしてきました。

私の経験も誰かの役に立つ情報があるのではないかと思いブログを始めることにしました。

ブログを通して、育児に役立つ便利グッズや育児や家事を楽にこなす方法、マイホームに向けての計画や節約術などを発信して生きたいと思っているのでぜひご覧ください。