子育て

赤ちゃんの卒乳を自然に任せてみるという選択肢を選んだ私たち。

こんにちは。かけママ(@mamanote909)です。
今日は子供の卒乳について私の体験談を紹介するよ。

赤ちゃんの子育てをしていると赤ちゃんの卒乳時期って悩みませんか?

私も今現在1歳6ヶ月の子供の子育て中で、何度か卒乳について考えたことがあります。

今回は赤ちゃんの卒乳に悩んでいる人に私の体験談をお話しできたらと思いこの記事を書くことにしました。

実際に私は1歳7ヶ月の男の子の子育てをしていますが、まだ卒乳に至っておりません。

断乳も何度かチャレンジしたのですが、親子共々ヘトヘトになってしまいました。

そこで私は断乳させるのでははく、子供の「もういいや〜」って思える時期までとことん付き合うという選択をしました。

かけママ
かけママ
なぜ、私がそのような選択に至ったのかお話していくね。

赤ちゃんの卒乳を自然に任せようと思ったきっかけ

なぜ私が卒乳を自然に任せようと思ったのかと言うと…卒乳するいうことが私たち親子にプラスになることと感じなかったということが大きな理由です。

私も初めから赤ちゃんの卒乳を自然に任せようと思っていたわけではありません。

むしろ卒乳には元々前向きで赤ちゃんが困らないようにと完全母乳育児をあきらめて、途中からはミルクメインの混合育児へと切り替えていたくらいです。

かけママ
かけママ
ミルクがメインだからあっさり卒乳できるでしょ♪

こんな風に結構卒乳に対して前向きだったんです。

だから、卒乳に向けて断乳をしていた時期もありました。

夜間断乳を実践していたとき
  • 1歳の誕生日を迎えた時
  • 1歳3ヶ月になったとき

この2回の断乳経験が私を自然に卒乳するのを待つという考えにシフトチェンジしたきっかけとなったわけです。

卒乳に向けた夜間断乳に挑戦した結果

卒乳を考えるようになって、まずは夜間の断乳に挑戦してみたのですがそれで私は心が折れました。

心が折れたと言うとマイナスに感じるかもしれません。

しかし、この経験があって卒乳を自然に息子のペースにまかせるという選択肢を私は選ぶことができたので私にとってはプラスでしかない選択ができたので挑戦したことに対して後悔は全くしていません。

でも何故、心が折れたのかというと夜間断乳するということに息子が一向に慣れる気配を見せてくれなかったからです。

かけママ
かけママ
夜間断乳に成功したら夜中にぐっすり寝てくれるようになる♪私も楽になるはずだから少しの間頑張ろう!

夜間断乳を始める前まではとっても前向きに考えていて。張り切って夜間断乳に挑戦してみました。

いつも添い乳で寝かしつけていただけにおっぱいをくれないことに赤ちゃんは大泣きでそれはもう大変でした。

ママ友
ママ友
そのうちあきらめて寝てくれるようになったよ。 大変だったのははじめに1週間くらいだったよ。 赤ちゃんもそのうち慣れてくるよ。

いろんな人の体験談を読んだり、友達の断乳経験者に話を聞いてみたらこのようなことをみんな言っていました。

そんな話ばかり読んだり聞いたりしていたので、私もきっとそうなるだろう!と思って毎晩泣きわめく赤ちゃんと2週間ちょっと頑張っていました。

しかし、我が子はおっぱいがもらえないから泣くのを諦めるなんてことはなく泣き続ける息子。

抱っこでゆらゆらしてやっと眠っては、背中スイッチ発動ですぐに起きてはまた泣くことを繰り返し3週間目を目前にして私も赤ちゃんも身も心もボロボロになってしまいました。

かけママ
かけママ
夜間断乳のために毎晩1時間以上も泣かし続けることが正解なの?

毎晩泣き止まない我が子を抱っこで寝かしつけながら、私は夜間断乳し続けることが卒乳につながっていくのか疑問に思いはじめたのです。

そんな私に夜間断乳をやめるきっかけをくれたのは夫でした。

かけパパ
かけパパ
息子はママのことが大好きなんだから、息子の気がすむまであげたらいいんじゃない?そんなに焦ってやめる必要ないよ。

夫のこの言葉に私はどれほど救われたことか…

この夫の言葉で私は一生のうちママとこうやって密着できる時間なんて限られているんだから息子の気がすむまで付き合おう!と思うようになったのです。

卒乳を自然に任せる選択をしてからの経過

今、息子は1歳7ヶ月を迎えています。

そして相変わらずまだ眠くなったり、甘えたいときにはおっぱいを欲しがります。

1歳半を迎え大きく変わったなと思うことじは、夜中に目を覚ますことが激減したということです!

前までちょっとしたことでも、目を覚ましその度におっぱいを欲しがっていた息子ですが最近では夜中に目を覚ます回数が大きく減って、しっかり眠れる日が増えています。

目を覚まさなくなったわけではないのですが、途中に目が覚めて「ちゃんこ(座ってる)してるな〜」と思っていても自分でコロンと転がって一人で寝れることも増えています。

夜間断乳と夜間断乳を諦めた経験をして本当に勉強になったと思っています。

夜間断乳をすることも、赤ちゃんが慣れるまでしんどい思いをしますよね。

授乳し続けることもなかなか大変なことだと思います。

結局どっちを選択しても楽なことってないんです!

赤ちゃんの卒乳の時期なんてはっきりと決まっているものでもないので、周りがだんだん卒乳していったからといって気にしないことが大切です。

かけママ
かけママ
断乳を諦めたことで私も息子も気持ちが楽になったよ。息子ともおおらかな気持ちで授乳できるようになったし私たちはこの選択が正解だったのかな。

卒乳をしないという考え方もあるということもインプットして、卒乳の時期について考えてみてくださいね。

まとめ

赤ちゃんにも性格はあります。

あまり執着心のない赤ちゃんもいれば、逆に執着してしまう子もいます。

なので、すごく無理をしてまで卒乳をしなくても大丈夫です。

完全な卒乳はできていないにしろ、おっぱいなしでも寝付ける日もだんだん増えてきています。

気長に赤ちゃんと向き合っていきましょうね!

 

 

 

ABOUT ME
うき
はじめまして、うきです!キラキラした生活に憧れつつも気がつけばただただ生活に追われ映えない生活を送っている主婦です。楽に楽しく生活する情報が大好きです♪「楽に」をメイン家族が楽しく生活するため「知恵」をみなさまにお届けします!