保育園

保育園の卒園式の日程やマナーについて徹底解説

 

子供が保育園に通っているとそろそろ気になり始めるのが子供の卒園式についてではないでしょうか。

 

子供が初めて保育園の卒園式を迎える人は卒園式についていろいろ知っておきたいと思っていませんか?

 

この記事では保育園の卒園式について日程やマナーなど気になることを元保育士が徹底的に解説して行きます。

 

保育園の卒園式っていつ頃?

子供の保育園の卒園式は親としては仕事の休みをとってぜひ参加したいものですよね。

 

保育園の卒園式は我が子の晴れ舞台ですし、保育園生活の締めくくりでもあります。

 

できることなら参加したいと思うのが親心でしょう。

 

保育園の卒園式はいつ頃行われるかということは親として気になる最大のポイントだと思います。

 

前もって保育園の卒園式がこのくらいの時期にあると知っておくと会社にも保育園の卒園式があるので休みをもらいたいと前もって伝えやすくなりますよね。

 

保育園の卒園式ですが、私立公立どちらも3月の中旬〜下旬に卒園式が行われることが多いようです。

 

公立の保育園の場合は、平日に卒園式が行われることが多いです。

 

私も長年公立の保育園に勤務していたのですが卒園式はどの園も平日に行われていました。

 

私立の保育園では、卒園式も独自で決めることができるので親の仕事を考慮して土日に卒園式を設定している保育園も多くあるようですよ。

 

私が務めていた園では、毎年3月の3週目頃に卒園式が行われていました。

 

はっきりとした日程がわからなくてもどうしても休みが欲しいという時は、このあたりは休みが欲しいと会社に前もって伝えておいてもいいかもしれませんね。

 

親切な保育園では卒園式の日程を年度初めに配られる年間行事予定に予定に書かれてくれていることもあります。

 

あらかじめ年間行事予定をチェックしておいて休みをとれるようにしておくといいでしょう。

 

しかし注意が必要で年間行事予定もあくまでも年度始めの予定でしかありません。

 

保育園には多くの行事が次々に舞い込んでくるので、他の行事との兼ね合いで予定が変わることもあります。

 

年間行事予定も卒園式の日程の目安程度だと思っておいたほうがいいですね。

 

保育園の卒園式の内や時間について

 

ここからは卒園式の内容や当日のおおまかな流れを紹介しておきます。

保育園の卒園式の内容

園児入場

1. 開式のことば

2. 園歌斉唱

3. 卒園証書授与

4. 卒園記念品授与

5. 園長式辞

6. 来賓お祝いのことば

7. 祝電披露

8. 卒園児お別れのことば

9. 在園児お別れのことば歌

10. 卒園の歌

11. 閉式のことば

園児退場

 

私の勤務していた保育園の卒園式のプログラムを参考までに記載してみました。

なので園によって細かな流れは違ってきますが、内容的にはこのような内容で卒園式が進んでいくかと思います。

 

保育園の卒園式の時間

卒園式の時間は午前中に行われることが多いです。

 

私の勤務していた保育園では9時登園で卒園式の開式は10時でした。

卒園式の時間的には1時間ほどに設定されています。

 

卒園児の人数にもよりますが保育園では卒園証書は園児ひとりひとりに授与する場合が多い為、園児の人数によってはもう少し時間がかかる場合も多いようです。

 

卒園式終了後は、クラスに戻り最後の挨拶があります。

それが終わると在園児に見送られながら解散にあるという流れです。

 

12時から12時半までには、終わり解散になるでしょう。

 

保育園の卒園式の子供と親の服装とマナーについて

卒園式に親も子もどのような服で参加すべきか迷う親もいると思うので明日スメの服装を紹介しておきます。

 

卒園式での子供の服装

子供の卒園式の服装についてですが制服のある園は制服で参加するようにしましょう。

 

決まった制服のない園の場合は子供用のフォーマルスーツやワンピースを準備して着ていくことをお勧めしますよ。

 

あまりにも普段着すぎる服を着せていってしまうと子供が恥をかくことにもなりかねませんので気をつけたほうがいいと言えるでしょう。

卒園式での親の服装

卒園式に参加するママの服装についてですが黒や紺などシックな色合いのフォーマルスーツやワンピースを着用するといいと思います。

 

礼服で参加する人も多いと思いますがその場合でも葬儀ではないので、華やかさをプラスするためコサージュをつけるなど少しアレンジして着ることをオススメします。

 

ストッキングも黒ではなくベージュなど明るいものがいいと言えます。

 

あまりにも明るい色のスーツやワンピースや丈の短い服卒園式には不向きなので注意が必要です。

 

おしゃれをするという心も大切ですが、親としてある程度常識のある格好をしましょう。

 

卒園式は悲しい行事ではなく嬉しい行事です。

 

シックな服装をすることは大切ですがお祝いをイメージできるような華やかさも出せるよう小物でアレンジして参加してみてくださいね。

 

パパはスーツや礼服など、手持ちのもので大丈夫です。

 

オススメはブラックスーツと言われる礼服ですがなければもっているもので参加して大丈夫ですよ。

 

ママもパパも式典にふさわしい格好で参加し恥をかかないようにしましょうね。

 

卒園式のマナーについて

これは常識ですがスマホや携帯電話の電源を切っておくかマナーモードにしておくことをお忘れなく!

 

もし音がなってしまうとせっかくに卒園式の邪魔になってしまうことになるので注意してくださいね。

 

子供の晴れ舞台でもある卒園式を親も恥をかかないように気をつけて参加してくださいね。

 

もうひとつは、卒園式中の写真撮影やビデオ撮影についてです。

 

多くの保護者が参加するので、フラッシュを焚いて撮影をしたり、邪魔になる場所で三脚を用いて撮影するなどという行為は控えるようにしてください。

 

どの子供もどの親の当日は主役です!

 

自分のことばかりではなく、周りに迷惑がかからないような行動は必要ですよ。

 

まとめ

子供の卒園式は子供にとっても親にとってもある意味ひとつの節目となる行事と言っても過言ではありませんね。

 

節目となる卒園式がいい式になるように、マナーには気をつけて参加するようにしてみてくださいね。

 

ABOUT ME
かけママ
現役保育士で現在は1歳の男の子の専属ママです。保育士目線でママに役立つ子育て情報を発信しています。こんなことが知りたい!教えて!ということがあればお問い合わせ、twitterからDMいただければブログでお答えしますので、お気軽にどうぞ♪