保育園

保育園の卒園式に祖父母も参加しても大丈夫?

ついに3月になりましたね!

早いもので、今年度も今月で終わりで4月からは新生活をスタートさせる人も多いのではないでしょうか。

 

新生活がスタートする前に、今月は子供の卒園を控えているママやパパも多いことと思います。

 

子供の卒園式にはぜひ出席したいと祖父母から言われている人も多いのではないでしょうか。

 

 可愛い孫の卒園式ですから祖父母としてはできることなら卒園式に参加したいと思ったり、祖父母にも参加してもらいたいと思っているパパやママもいますよね。

 

しかし、 祖父母が卒園式に出席するにあたって注意しなくてはいけないこともあるので知っておいたほうがいいので紹介していきます!

 

卒園式に祖父母が出席するのはアリ?両親以外の出席率は?

卒園式が近づいてくると、卒園式に誰が出席するのか家族で話をする人も多いのではないでしょうか。

 

両親だけでなく祖父母も保育園へ子供の送り迎えや行事に参加していた祖父母は特に!卒園式にももちろん参加したいと思っているはずです。

 

卒園式は可愛い孫が成長してきた保育園生活への区切りとなる行事です。

 

最後まで自分たちも見届けたいし、参加したいなときっと思うことと思います。

 

 祖父母が近くに住んでいても、遠くに住んでいてなかなか会えない場合でも

孫の成長をみるのに参加したいと思っている人もきっといることでしょう。

 

祖父母が卒園式に参加することについてですが、決して悪いことではないのですが 、場合によっては祖父母が卒園式に参加することに注意が必要な場合があるので知っておいてください。

  

実は保育園の中には両親以外の出席がNGな保育園が存在する!

 そんなの嘘でしょ〜!と思う人もいうかと思いますが実は本当なのです。

なぜかというと、卒園式を行う場所に問題がある場合があるからなのです。

 

参考までに私の働いていた園のお話してみようと思います。

 

 私の働いていた園では、祖父母の参加は禁止ではなかったにも関わらず卒園式に出席しているのは親のみという家庭が大半でした。

  

何らかの事情(仕事や病気など)で親が参加できないという場合に親の代わりとして祖父母が出席しているということはありました。

 

しかし、基本的には両親が出席するという家庭がほとんどでした。

 

禁止というと厳しいな〜と感じてしまいますが、公にして禁止はしていなくてもやんわり遠慮してもらいたいと伝えている保育園にも中には存在するのです。

 

祖父母の出席を遠慮してもらいたい理由は
きちんとあるのでのちほど紹介しますね。

 

 

 卒園式の両親以外の出席率はこのくらい

祖父母の参加率はというと…

なんと1割程度でした。

こうして数字にしてみると少ないと思いますよね。 

 

また兄弟を連れてきているという人も中にはいます。

 ですが、これも割合でいうと1割程度でした。

 

卒園式って厳かな雰囲気で行われますよね。

 

小さい子供があると周りに迷惑になることもあるので預けられる環境にある人は誰かに預けて出席している人が多いです。

 

しかし、中にはどうしても無理という人もいます。

 

そのような場合は小さい兄弟を連れてきている人も数名いました。

 

保育園なので下の兄弟いる場合は保育園に通っているという場合が多く保育園に普通に預けているという人が大半でした。

 

しかしまだ保育園に預けていない兄弟がいる場合は卒園式の時間だけ一時保育を利用するということで対応している人もいました。

 

このように実は親以外の卒園式への出席率って意外に低いのです。

 

なぜ?保育園が卒園式に入場制限を設ける理由はコレ!

 実は卒園式に親以外の参加は遠慮してもらっているという園が存在するという話をしましたがその理由についてお話をしていきたいと思います。

  

自分の孫なのに卒園式に出席できないなんて…

と不満に思う祖父母も多いと思います。

 

しかし、これにはちゃんとした理由があるのです。

 

入場を制限する大きな理由としては保育園の建物に問題がある場合があります。

 

卒園式を園で行うという場合に多いのですが、卒園式は遊戯室で行うことが多いでしょう。

 

 園としても本当は多くのご家族に見届けてほしいという思いはもちろんあります!

 

しかし会場の収容人数によって多くのご家族に来てもらうことができないということがあるのですね。

 

卒園式の日まで子供を育ててきた親という場合が多いでしょう。

 

 そんな親にしっかり子供の卒園していく成長した姿を見届けてもらうために会場にはいきらない親が出ないためにも制限を設けている場合があります。

 

 制限のある場合は親が参加できないという場合を除き、できる限り両親以外の出席は控えるようにしてください。

 

親がどうしても行けないという場合やどうしても祖父母が付き添わなくては行けない理由がある場合は大丈夫なことが多いので入場制限がある場合もまずは一度園に相談してみるのもいいかもしれませんね。

 

保育園の一時保育を利用できないような小さな兄弟を連れていく場合など、入場制限があっても一緒に出席することができたというような例もあるので特別な理由があるときは相談してみるのが1番です。

 

まとめ

 卒園児の家庭全てが両親、祖父母と大勢できてしまうと保護者席は多くなってしまいます。

 

場合によっては、会場に入りきらない立ち見しなくてはいけなくなってしまったということを避けるためにも入場制限を設けている場合があります。

 

そのような時は、ビデオやムービー撮影はOKなので、家庭で上映会などをしてみてください。

 

子供もきっと家で卒園式を再現してくれることもあるので、そのように家庭で卒園式に浸るのも楽しいものですよ。

 

ABOUT ME
ちえ
はじめまして、ちえです!キラキラした生活に憧れつつも気がつけばただただ生活に追われ映えない生活を送っている主婦です。楽に楽しく生活する情報が大好きです♪「楽に」をメインに「ちえ」が得たの「知恵」を…(笑)みなさまにお届けします!